日本ボイラ協会熊本支部では法律に基づく、ボイラ・圧力容器関係資格取得のための各種講習及びボイラ・圧力容器の安全の確保のための事業を行っています。

ボイラー実技講習(熊本労働局登録第5-5号)

この講習は、二級ボイラー技士免許を取得するための交付要件講習です。二級ボイラー技士免許は一定のボイラー修習か取扱経験又はこの実技講習を修了しなければ試験に合格しても免許は交付されません。この実技講習を先に受講して知識を習得してからの受験をお勧めします。またこの講習を受けていれば試験合格後いつでも(免許交付要件として生涯有効)すぐに免許の交付を受けることが出来ます。講習は3日間です。
講習会日程及び申込方法

ボイラー取扱技能講習(熊本労働局登録第5-4号)

この講習は、小規模ボイラーの取扱資格取得のための講習です。
講習は2日間です。
講習会日程及び申込方法

普通第一種圧力容器
取扱作業主任者技能講習(熊本労働局登録第5-3号)

この講習は、普通第一種圧力容器取扱作業主任者の資格取得のための講習です。
講習は2日間です。
講習会日程及び申込方法

化学設備関係第一種圧力容器
取扱作業主任者技能講習(熊本労働局登録第5-2 号)

この講習は、化学設備関係第一種圧力容器取扱作業主任者の資格取得のための講習です。
なお、化学設備(配管を除く。)の取扱いの作業に5年以上従事した経験を有することが受講資格となります。
講習は3日間です。
講習会日程及び申込方法

ボイラー取扱業務従事者
安全衛生教育

この講習は、ボイラー取扱業務従事者を対象とした安全衛生教育です。
事業者は、労働安全衛生法第60条の2第2項の規定に基づき、ボイラー取扱業務に現についている者に対して、概ね5年ごとに教育を実施するよう求めらています。これに伴い、事業者に代わって実施するものです。
講習は1日間です。
講習会日程及び申込方法

普通第一種圧力容器取扱
作業主任者能力向上教育

この講習は、普通第一種圧力容器取扱作業主任者を対象とした能力向上教育です。
事業者は、労働安全衛生法第19条の2第2項の規定に基づき、普通第一種圧力容器取扱作業主任者に対して、概ね5年ごとに教育を実施するよう求めらています。これに伴い、事業者に代わって実施するものです。
講習は1日間です。
講習会日程及び申込方法

化学設備関係第一種圧力容器
取扱作業主任者能力向上教育

この講習は、化学設備関係第一種圧力容器取扱作業主任者を対象とした能力向上教育です。 事業者は、労働安全衛生法第19条の2第2項の規定に基づき、化学設備関係第一種圧力容器取扱作業主任者に対して、概ね5年ごとに教育を実施するよう求めらています。これに伴い、事業者に代わって実施するものです。
講習は1日間です。
講習会日程及び申込方法

二級ボイラー技士免許試験
受験準備講習

この講習は、二級ボイラー技士免許試験の合格をめざすための受験対策の講習です。
対象:ボイラー取扱技能講習を修了した方で、小規模ボイラー取扱の経験のある方、ボイラー実技講習を受講し予備知識を得ている方、独学で受験勉強をされている方
公表問題を使用し傾向の分析及び重点的な解説を行う受験対策の一助とするものです。
但し、試験合格を保証するものではありません。講習は2日間です。
講習会日程及び申込方法